読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKUPONLOG

たくぽんです。毎日頑張っています。

何故、人は情報をシェアするのか

f:id:takupon0523:20150302194422j:plain
 
ツイッターフェイスブックなどで人は情報を他者との共有したがるのか。その理由の一つとして、マズローの五大欲求の一つ尊厳欲求が働いていることは間違いないと思う。確かに、この疑問は、尊厳欲求という言葉一つで、終わらせてよいものかもしれない。しかし、やめてしまっては面白味もないので今回考えてみた。
 

人が情報をシェアするのは3つの理由があると考える

なぜ、人が情報をシェアするのかの理由について、大きく分けると①自分自身に向けられてものと②他者に向けられてるものの2つが理由なると考えられるが、②つを分解するとその理由は3つになると考える。その仮説については下記の通り。

 

①ログとして残すこと自体に意味がある場合。

これはツイッターFacebookなどに情報をシェアすることで、ログとして残す場合だと考えられる。いわいる「お気に入り」機能と同じようなものだと考える。これはあくまで、「自分の為に向けられた情報」であり、そもそも他者と共有するつもりはない。ただ、その過程で、シェアという行動が発生したと考えられる。

 

②「虎の威を借る狐」現象

はてブツイッターなで数多くシャアされている情報、有名人の情報を、自分の既存コミュニティに共有することがあるだろう。これは「俺ってこんな面白い記事を見つけたんだぜ!」「こんな有名人の情報をシェアしてる俺はすごい」的な感じで流すことで、尊厳欲求を満たすものだと考えれる。実際シェアされたものが面白いかは問題ではないのだ。(ただこれについては議論の余地があると思うので、あとで深堀りしたい。)

 

③純粋にシェアした情報が誰かの役に立つこと

なんだかんだ情報をシェアする場合、半分ぐらいは「誰かに楽しんでもらいたい・役にたってほしい」みたいな純粋な気持ちでシェアしている気がする。この点について、周りに言われるまで気付かなかったが、誰ともわからない人の役に立ちたいって考えてるのかな。
 
 上記が私が考えた「なぜ、人が情報をシェアするのか」の考察です。